ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 外交官の一生

  • 外交官の一生

外交官の一生

  • 石射猪太郎/著 石射 猪太郎(イシイ イタロウ)
    1887年(明治20)、福島県生まれ。上海の東亜同文書院卒業。外交官試験に合格し、広東総領事館を振り出しに、ワシントン、メキシコ、ロンドン等の大使館に勤務。続いて吉林、上海各総領事、東亜局長となり、日中戦争中の困難な局面に立たされる。その後、オランダ公使に、続いてブラジル大使に就任。最後はビルマ大使として終戦を迎えた。戦後は幣原平和財団理事として幣原喜重郎の伝記の編纂に当たった。1954年(昭和29)2月、逝去

  • シリーズ名
    中公文庫 B1-49 BIBLIO20世紀
  • ページ数
    521p
  • ISBN
    978-4-12-204819-5
  • 発売日
    2007年02月

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

1,429 (税込:1,543

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 盧溝橋事件勃発時、東亜局長として和平工作を行うも失敗する―軍部の専横に抗し、戦争終結への道を求め続けた著者が、自らの日記をもとに綴った第一級の外交記録。
目次
発端
外務省に奉職
広東在勤
天津在勤
サンフランシスコ在勤
ワシントン在勤
メキシコ在勤
本省勤務
イギリス在勤
吉林総領事時代
上海総領事時代
シャム公使としての半年
東亜局長時代―中日事変
オランダ公使時代
ブラジル大使時代
待命大使時代
ビルマ大使時代
依願免官、追放
結尾三題

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般
版数 改版

ページの先頭へ

閉じる

  • 外交官の一生
  • 外交官の一生

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中