ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 殺し屋

  • 殺し屋

殺し屋

  • 和久田正明/〔著〕 和久田 正明(ワクダ マサアキ)
    1945年、静岡生まれ。テレビ時代劇の脚本を数多く手がけ、現在は時代小説に専念している

  • シリーズ名
    学研M文庫 わ-2-11 夜桜乙女捕物帳
  • ページ数
    332p
  • ISBN
    978-4-05-900456-1
  • 発売日
    2007年01月

629 (税込:679

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「江戸には“赤蝮”と“黒不動”という二つの殺し屋の組織がある」人殺しの咎で捕らえられた、遠州無宿の時蔵の口から出た言葉は思いもよらぬものだった。北町奉行所定町廻り同心の伊佐山久蔵から、小十手をあずかる娘岡っ引きの乙女は、大身旗本の部屋住みの袴田右近とともに探索をはじめた。しかしその矢先、乙女は正体不明の男たちの襲撃を受けて…。好評書き下ろしシリーズ第11弾。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 殺し屋
  • 殺し屋

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中