ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 栗林忠道 硫黄島の死闘を指揮した名将

  • 栗林忠道 硫黄島の死闘を指揮した名将

栗林忠道 硫黄島の死闘を指揮した名将

  • 柘植久慶/著 柘植 久慶(ツゲ ヒサヨシ)
    1942年、愛知県生まれ。1965年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。在学中より、コンゴ動乱やアルジェリア戦争に参加。1970年代初頭よりアメリカ特殊部隊に加わり、ラオス内戦に従軍する。1986年より作家活動に入る

  • シリーズ名
    PHP文庫 つ5-17
  • ページ数
    331p
  • ISBN
    978-4-569-66743-0
  • 発売日
    2006年12月

629 (税込:679

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 太平洋戦争屈指の激戦だった硫黄島をめぐる戦い―。米軍の進撃を阻止し、少しでも本土決戦を遅らせるため死力を尽くして戦った日本側の指揮官、それが栗林忠道中将である。兵力・物量ともに圧倒的有利な米軍に対して彼は“徹底的な持久戦”を挑み、最期の最期まで大打撃を与え続けた。今なお日米双方から“最も優秀な指揮官”として高く評価される名将の戦いを克明に描く。
目次
迎撃準備
サイパン陥落の報、入る
方針の徹底
戦況
顔ぶれ揃う
上陸作戦前夜
上陸作戦
激戦続く
死闘
第3海兵師団の投入
大本営への電報
最終段階

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 栗林忠道 硫黄島の死闘を指揮した名将
  • 栗林忠道 硫黄島の死闘を指揮した名将

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中