ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ボクサー、街を守る

  • ボクサー、街を守る

ボクサー、街を守る

  • 吉川英治/著 吉川 英治(ヨシカワ エイジ)
    1960年、香川県丸亀市生まれ。中央大学卒。元プロボクサーでトレーナーとして、2つの日本タイトルと1つの東洋太平洋タイトルを獲得。現在は「大川ボクシングジム」のトレーナーであり、アメリカの雑誌の日本版発行人を務める。会社がある世田谷区松原で、2001年6月、日本初の民間自警団「明大前ピースメーカーズ」を結成、街の治安維持活動を自主的に行っている。9.11事件後のニューヨークで単独ボランティア後、国内外の学校訪問を開始。その後も2004年8月には瀬戸内海の女木島で「第1回こども国連会議」を開催、11月にフリースクールの子どもたちで構成されたパトロールチーム「少年探偵団」を結成するなど、教育やまちづくりに積極的に取り組んでいる。現在、専門学校「東京フィルムセンタースクールオブアート」の講師も務める

  • ページ数
    287p
  • ISBN
    978-4-8222-4484-2
  • 発売日
    2005年11月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自分たちの街は、自分たちで守る!治安やマナーが、これ以上、悪化する社会は、許せない。元祖・自警団「明大前ピースメーカーズ」を立ち上げた吉川英治は、元ボクサーにして大川ジムのトレーナー。今、世界の平和を目指して「正しい社会づくり」に乗り出した―。
目次
第1章 本当はやりたくない自警団
第2章 街が危ない、子供が危ない
第3章 自警団のつくり方
第4章 NYテロとボクシング
第5章 これからのピースメーキング
第6章 学校訪問と「スクールタイムス」新聞、そして「こども国連」へ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

東京・世田谷区松原の住宅街。付近の大学生が夜中まで騒ぎ、中・高校生がコンビニでたむろする。また、車や住宅へのイタズラも多発、小学校の登下校時の児童に対する不安もあった。そんな中、一人の元ボクサーが立ち上がった。治安が悪化する社会を憂い、2001年、「ピースメーカーズ」を結成、ボクシングジムに通う若者や商店街の店主などと協力、自分たちの街を守るために自警団活動に乗り出した。それと同時に、他人の事を考えない若者が増えることを憂慮し、全国の小中学校で、「心」の指導・講演を行っている。街を守るための組織の作り方、続け方、注意する点などを学び、今、子どもたちをどのように教育していくべきかまで、を考える。

ページの先頭へ

閉じる

  • ボクサー、街を守る
  • ボクサー、街を守る

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中