ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦後日本の戦車開発史 特車から90式戦車へ

  • 戦後日本の戦車開発史 特車から90式戦車へ

戦後日本の戦車開発史 特車から90式戦車へ

  • 林磐男/著 林 磐男(ハヤシ イワオ)
    1925年、東京都に生まれる。1951年、東京大学工学部を卒業、三菱重工業株式会社に入社。爾来、戦闘車両の設計・開発一筋に歩む。その間、61式戦車、74式戦車、90式戦車、60式装甲車、73式装甲車、75式自走155ミリ榴弾砲、89式装甲戦闘車、各種装輪装甲車など陸上自衛隊発足後のほとんどの戦闘車両の開発設計に関与する。またその間、防衛大学校および幹部学校の非常勤講師も務める。1983年、同社を退社。現在、フリーランサーとして活躍する

  • シリーズ名
    光人社NF文庫
  • ページ数
    291p
  • ISBN
    978-4-7698-2472-5
  • 発売日
    2005年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

724 (税込:782

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦車は戦争の道具としてあるのではなく、戦争を抑止するのに必要な装備品である。敗戦国という社会環境の下で、十余年の空間期間をおいて再出発した戦後日本の戦車開発の苦難の道のりを描く話題作。戦車の研究・開発・設計における貴重な教訓と知識、ノウハウを米軍供与車から90式戦車に到る汗と涙の発達過程に見る。
目次
日本戦車小史
アメリカ軍供与車両
供与車両の修理作業
戦後初の国産戦車(SS)
変わり種の泥濘地作業車(SA)
中特車(ST)
競争試作となった装甲車(SU)
ファミリー車(SV、SX)
大改造の自走砲(SY)
STの支援戦車
七三式装甲車(SUB)
七四式戦車(STB)
七五式自走一五五ミリ榴弾砲(155HSP)
九〇式戦車と八九式装甲戦闘車

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦後日本の戦車開発史 特車から90式戦車へ
  • 戦後日本の戦車開発史 特車から90式戦車へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中