ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 患者術 賢い患者になるための会話テクニック

  • 患者術 賢い患者になるための会話テクニック

ポイント倍率

患者術 賢い患者になるための会話テクニック

  • 鱸伸子/著 鱸 伸子(スズキ ノブコ)
    昭和34年12月22日東京生まれ。聖ドミニコ学園小学校、中学校。The International School of London高校卒。Richmond The American International University in London 1977‐1982在籍。慶応義塾大学文学部哲学科卒。28歳より難病『ベーチェット病』を患う。14年後、闘病の中でコーチングに出会い、コーチとなることを決意。コーチ資格取得後、医療・教育分野に特化したコーチング等の研修を行う『オフィスSerendipity』を設立する。また、杏林大学保健学部臨床内科学教室においてコーチングの医療分野における臨床応用の研究を行い、日本臨床救急医学学会のシンポジウムで『救急救命士の卒前教育におけるコーチングスキルの導入と成果』を発表、現在、学位取得を目指す

  • ページ数
    215p
  • ISBN
    978-4-7779-0383-2
  • 発売日
    2005年08月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 過酷な難病『ベーチェット病』を患った著者に“生きる力”を与えたものは、いったいなんだったのか。いま、医療分野で現役「コーチ」として活躍する著者が、自身の“経験”と「コーチング」の“知識”を活かし、具体例で教える『賢く病気を治す法』『賢く病気とつきあう法』。
目次
第1章 体調不良を感じる前にできること/そして感じたら
第2章 病気にコーチングが効く理由
第3章 病院でのマナー(通院編)
第4章 病院でのマナー(入院編)
第5章 ずっと病気と付き合わなくてはならなくなったら―例えば、私の場合
第6章 家族が患者をコーチする

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 患者術 賢い患者になるための会話テクニック
  • 患者術 賢い患者になるための会話テクニック

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中