ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 覇道の海戦 太平洋戦争シミュレーション 2

  • 覇道の海戦 太平洋戦争シミュレーション 2

覇道の海戦 太平洋戦争シミュレーション 2

  • 高貫布士/著 高貫 布士(タカヌキ ノブヒト)
    神奈川県出身。1956年生まれ。学生時代に、軍事評論家小山内宏氏、航空評論家青木日出夫氏らが創設した軍事学セミナーで軍事学を修得。出版社勤務を経て、軍事アナリスト・作家として活動。著作はノンフィクション、フィクションを問わず多数

  • シリーズ名
    Joy novels simulation
  • ページ数
    219p
  • ISBN
    978-4-408-60317-9
  • 発売日
    2005年04月

857 (税込:926

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「第三次攻撃隊は、第一次隊と第二次隊を収容してから、稼働機で第四次攻撃隊を編成するさ…」最も源田航空参謀は、第四次隊を編成する機会はわずかだと判断していた。「敵も我が軍の勢力圏内で、いつまでもグズグズしている気は、毛頭ないでしょう。一撃か二撃を加えたら、あとは必死で逃げますよ」源田に言わせると、戦力に大差がない場合の航空戦とは、瞬間風速にたとえられる。つまり短時間のうちにどれだけ手持ちの兵力を、敵の頭上に送り込んで、爆撃や雷撃を敢行できるかで、勝敗が決まるという。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 覇道の海戦 太平洋戦争シミュレーション 2
  • 覇道の海戦 太平洋戦争シミュレーション 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中