ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • とことんやれば、必ずできる 創造力が目を覚ます

  • とことんやれば、必ずできる 創造力が目を覚ます

ポイント倍率

とことんやれば、必ずできる 創造力が目を覚ます

  • 原田永幸/著 原田 永幸(ハラダ エイコウ)
    1948年12月3日生まれ、長崎県出身。東海大学工学部卒業。日本NCR、横川・ヒューレット・パッカードなどを経て、90年8月にアップルコンピュータジャパンに入社。97年4月にアップルコンピュータ日本法人社長に就任、米本社副社長を兼務。2004年2月、日本マクドナルドホールディングスに副会長兼社長兼CEOとして入社。2005年3月末に会長兼社長兼CEOに就任

  • ページ数
    222p
  • ISBN
    978-4-7612-6243-3
  • 発売日
    2005年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • さあ、変化していこう。どんな無理難題にも解決の糸口が必ずある。大切なのは、その問題にしっかりと向き合っているかどうか。自分自身、周りの人、仕事。そのすべてに、真正面から挑む。失敗しても、問題ない。成長は、ピンチの時こそするものなのだから。結果を出すための考え方を初公開。
目次
第1章 短期間で成長するための自己投資術―楽しみながら変化するために
 一年かかることを三ヵ月で終わらせる
 人生のプランを描いて仕事をする ほか
第2章 まずは、とことんもがいてみる―いい考えがひらめく人の共通点
 プレゼン能力を徹底的に磨く
 ゴールから逆算して何をするべきか考える ほか
第3章 「一度決めたこと」は最後まであきらめない―目標を必ず達成するための簡単な考え方
 非常識を常識に変えてこそ利益につながる
 「何でも吸収してやる」という気合が大事 ほか
第4章 結果こそすべてだと考える―数字を上げるための仕事術
 出来っこない締め切りを決める
 企画の段階で質を高めて、仕事の効率を上げる ほか
第5章 転機を味方につける人が勝つ―現実から逃げるのではなく立ち向かう気迫を持つ
 最低五年は同じ会社に勤める
 ステップアップの階段は一段ずつ上る ほか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • とことんやれば、必ずできる 創造力が目を覚ます
  • とことんやれば、必ずできる 創造力が目を覚ます

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中