ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 書く人

  • 書く人

ポイント倍率

書く人

  • 村松恒平/著 村松 恒平(ムラマツ コウヘイ)
    1954年、東京生まれ。新聞社を経て、JICC出版局(現・宝島社)に入社。雑誌『宝島』の編集に携わり、単行本『ANOANO』『VOW』『愛より速く』(斉藤綾子)などを送り出した後、自身のオフィスにて『元祖テレビ屋大奮戦』(井原高忠・文芸春秋)『共生の思想』(黒川紀章・徳間書店)などを編著。メール・マガジンの発行に併行して、ネット上で描写訓練メソッド『言葉のクロッキー』を展開。また、文章術について雑誌連載をする他、全国各地でセミナーを行なっている

  • シリーズ名
    〈プロ編集者による〉文章上達〈秘伝〉スクール 3
  • ページ数
    475p
  • ISBN
    978-4-944098-61-3
  • 発売日
    2005年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 驚くべし!『書く人』たちのリアルな生態!?「翻訳の仕事で忙しく家が汚い人」「感受性が鈍った法律系ライター」「文章を書いて会話ができなくなってしまった人」「作家志望で毎日五時間執筆するレスビアンの人」「文学性とは何か疑問に思えてきた文学研究者」「ビジネス文書を書いて背中がバリバリに凝っている人」「会社のいじめで鬱になってしまった人」「アルコール中毒になりそうなのを怖れている人」エトセトラ、エトセトラ…超難問奇問に快刀乱麻の名回答。
目次
インタビュー「書く」ことの「四段階」をめぐって
作家とライター
編集者になりたい
大手出版社への道
友人の評価
新古書店の存在
ティーンズ小説やボーイズ小説
感受性が鈍った
家が汚い
編集者としてうまくやるには?〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 書く人
  • 書く人

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中