ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 市民社会の家庭教育

  • 市民社会の家庭教育

市民社会の家庭教育

  • 桜井智恵子/著 桜井 智恵子(サクライ チエコ)
    大谷女子大学教育福祉学部助教授。1997年大阪市立大学大学院生活科学研究科後期博士課程単位取得退学。頌栄短期大学助教授を経て、2005年より現職

  • ページ数
    251,4p
  • ISBN
    978-4-7972-5326-9
  • 発売日
    2005年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 国家の一大事になっている少子化は、学力低下・家庭教育の低下に対して、家庭における教育費負担の増大に結びつくことによって、進行を続けている。本書は「家庭教育」というキーワードを介して、現在の教育の現実の姿を読みとっていこうとするものである。
目次
市民社会の家庭教育―問題のありか
第1部 戦後家庭教育の基本枠組(一九六〇年代家庭教育ブームの生成―『家庭の教育』読者の声を中心に
一九七〇年前後にみる家庭教育論の史的総括―家庭主義の普及
診査される子育て
家庭教育か、学校教育か―家庭教育の中の公共性)
第2部 市民社会の子育て―権利論と自己責任の関連(近代的家庭観と子どもの権利
明治の子どもと子どもの権利
子どもの権利条約の地平―「教育」からの自由と人権をめぐって
誕生時の「自由保育」の意味
「自己責任」が招く疎外―教育政策の現実)
リアルな現実から

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 市民社会の家庭教育
  • 市民社会の家庭教育

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中