ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本の鉄道史セミナー

  • 日本の鉄道史セミナー

日本の鉄道史セミナー

  • 久保田博/著 久保田 博(クボタ ヒロシ)
    1924年、長野県に生まれる。大阪大学工学部機械工学科卒業。国鉄に入職、鉄道工場、本社、鉄道管理局、支社の勤務を経て、小倉工場長で退職。高砂熱学工業会社に入り技師長で退職。東北大学などの講師(経営工学、工場経営、鉄道車両工学を講義)。現在は交通研究家

  • ページ数
    264p
  • ISBN
    978-4-87687-271-8
  • 発売日
    2005年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 鉄道開業当時の模索から昭和の国鉄時代、SLからDCへ、動力の近代化と新幹線開業、民営化後のJRへの移行など主要な鉄道技術の変遷と発達を鉄道史のなかに位置付ける。
目次
第1部 鉄道の創業と成長(鉄道夜明け前
鉄道建設の反対と協力 ほか)
第2部 鉄道の国有化(私鉄の国有化
鉄道建設か改良か ほか)
第3部 鉄道の進展(電車成長の経過
DLの夜明け前 ほか)
第4部 鉄道の近代化(交流電化の教訓
動力近代化長期計画 ほか)
第5部 国鉄の民営化(鉄道貨物の盛衰
国鉄の分割民営化 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本の鉄道史セミナー
  • 日本の鉄道史セミナー

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中