ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 憲法二四条今、家族のあり方を考える

  • 憲法二四条今、家族のあり方を考える

憲法二四条今、家族のあり方を考える

  • 植野妙実子/著 植野 妙実子(ウエノ マミコ)
    1973年中央大学法学部卒業。1978年中央大学大学院法学研究科博士前期課程修了。1981年中央大学大学院法学研究科博士後期課程満期退学。中央大学教授(憲法・フランス公法専攻)

  • ページ数
    86p
  • ISBN
    978-4-7503-2109-7
  • 発売日
    2005年05月

1,000 (税込:1,080

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
1 憲法二四条の意義(旧民法の「家」制度
憲法制定過程における議論
二四条の解釈)
2 憲法改正案の中の家族(憲法調査会における議論
自民党政憲構想の中の家族
読売新聞『憲法改正二〇〇四年試案』の中の家族
世界平和研究所の『憲法改正試案』と家族条項 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 憲法二四条今、家族のあり方を考える
  • 憲法二四条今、家族のあり方を考える

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中