ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「外なる自己」のつくり方―性格を変える新人間関係論

  • 「外なる自己」のつくり方―性格を変える新人間関係論

「外なる自己」のつくり方―性格を変える新人間関係論

  • 山田和夫/著 山田 和夫(ヤマダ カズオ)
    1929年長崎市生まれ。東京大学医学部卒。同大学付属病院精神科入局。その後、東京家庭裁判所、東京拘置所、松沢病院に出向。61年からN・I・H客員研究員として渡米。帰国後、陽和病院副院長、70年に東大保健センター勤務。東大教授、保健センター本郷支所長を経て、現在、精神科医として活躍。専門は家族精神医学、親子関係論、青年期およびキャンパス精神医学

  • ページ数
    225p
  • ISBN
    978-4-7505-0402-5
  • 発売日
    2004年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • くり返し演じることで人は「なりたい自分」になることができる。その方法を「演技と仮面」「集団と個の力学」などの独特な視点から提示する。
目次
第1章 演技と仮面―くり返し演じることで「新しい自己」ができる(ムダに終わる「自分さがし」
人は「外に現れた自己」でしか評価しない ほか)
第2章 集団と個の力学―身の回りの数人の集団がその人の人生を決める(集団の中の「行動原則」を見れば、その人が分かる
人が安定するのは一次集団とうまくいったとき ほか)
第3章 モデルの必要性―人がおとなに育つために必要なこと(家の内外でルールが違う
文化モデルの重要性について ほか)
第4章 他者性の取り込み―人に頼ることで自信がついてくる(相互依存がおとなの自立のあり方
子どもは原因論、おとなは結果論 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

性格は不変のものと思われているが、アメリカの精神医学では行動パターン〉として捉える。ということは、外部に現れる自己を変えることで内部も変えられる。そのやり方までも「演技と仮面」などの視点から具体的に論じた本。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「外なる自己」のつくり方―性格を変える新人間関係論
  • 「外なる自己」のつくり方―性格を変える新人間関係論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中