ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ナショナリズムを越えて 旧ユーゴスラビア紛争下におけるフェミニストNGOの経験から

  • ナショナリズムを越えて 旧ユーゴスラビア紛争下におけるフェミニストNGOの経験から

ナショナリズムを越えて 旧ユーゴスラビア紛争下におけるフェミニストNGOの経験から

  • 江口昌樹/著 江口 昌樹(エグチ マサキ)
    1957年新潟県生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒。労働組合勤務を経て新潟大学現代社会文化研究科(博士課程)修了・学術博士。現在、(社)新潟県地域総合研究所主任研究員、旧ユーゴスラビア平和・人権にいがたネットワーク事務局を務める

  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-7684-7908-7
  • 発売日
    2004年02月

1,900 (税込:2,052

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 旧ユーゴスラビア紛争下で、民族や宗教の違いを越えて女性の戦争被害者を支援したフェミニストNGOがあった。民族紛争といわれたものの実態は、民族の名のもとに暴力化していったナショナリズムではなかったのか。現地にいく度も足を運び、被害者救済や平和な社会をつくるために活動する人々と交流を続けている著者が、いかなるナショナリズムにも与しないフェミニストNGOの活動から、ナショナリズム克服の可能性を探る。
目次
第1章 現代のナショナリズム(ネイションとナショナリズム
国民国家とナショナリズム ほか)
第2章 旧ユーゴスラビアの解体とナショナリズム(旧ユーゴスラビアとはどんな国だったのか
システムの崩壊 ほか)
第3章 旧ユーゴスラビア紛争の中のジェンダー(「民族浄化」とは
家父長主義とジェンダー役割の再分割 ほか)
第4章 旧ユーゴスラビア紛争とフェミニストたちの活動(フェミニスト・ネットワークの発展
セルビア―女性自立センターとWIB(ウィメン・イン・ブラック) ほか)
終章 ナショナリズムを越えて(旧ユーゴスラビア紛争の市民的教訓
ナショナリズムを「越える」とは何か ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • ナショナリズムを越えて 旧ユーゴスラビア紛争下におけるフェミニストNGOの経験から
  • ナショナリズムを越えて 旧ユーゴスラビア紛争下におけるフェミニストNGOの経験から

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中