ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 民事訴訟にみる手続保障

  • 民事訴訟にみる手続保障

民事訴訟にみる手続保障

  • 遠藤賢治/著 遠藤 賢治(エンドウ ケンジ)
    1943年生まれ(横浜市)。1966年早稲田大学第一法学部卒業。1969年山口地裁判事補。1979年東京地裁判事。1985年大阪高裁判事。1992年東京地裁判事(部統括)。1998年家庭裁判所調査官研修所長。2000年京都家庭裁判所長。2002年退官。その間、最高裁調査官(民事調査官室)、司法研修所教官(民事裁判担当)、司法試験考査委員(民法、民事訴訟法、破産法、労働法)、法制審議会民法部会・倒産法部会各委員。現在、早稲田大学法学部教授

  • ページ数
    245p
  • ISBN
    978-4-7923-2442-1
  • 発売日
    2004年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 民事訴訟における手続保障は、四半世紀にわたって民事訴訟法学の理論に影響を及ぼしてきた概念であり、憲法、法哲学、法社会学、民事訴訟法理論、民事訴訟実務などに跨る問題である。本書では、実務上生起するいくつかの手続上の問題を取りあげ、永年の民事裁判実務の経験に基づき、手続保障の在り方を考えるうえで必要な視点を具体的に検討し、実務と理論の架橋を図った。
目次
第1章 民事訴訟における手続保障の在り方
第2章 訴状及び答弁書の記載の手続的意義
第3章 医療過誤訴訟の法的構成
第4章 準消費貸借金返還請求における証明責任
第5章 弁論再開の利益と手続保障
第6章 和解条項とその作成過程
第7章 外国判決の承認執行
第8章 上告審の審理の範囲
第9章 譲渡担保権者と第三者異議の訴え
第10章 民事訴訟における要件事実の機能

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 民事訴訟にみる手続保障
  • 民事訴訟にみる手続保障

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中