ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 長崎喧嘩録

  • 長崎喧嘩録

長崎喧嘩録

  • 江口功一郎/著 江口 功一郎(エグチ コウイチロウ)
    大正15年7月生まれ。長崎市深堀町出身。旧制宇部工専卒。山口県配炭公団職員、長崎高島中学、梅ケ崎中学、平戸猶興館高校教諭、松下電器社員などを経て、その後自営業。「直線同人会」・「新直線同人会」に所属して執筆活動を続けてきたが、2002年12月、76歳で生涯を閉じた

  • ページ数
    189p
  • ISBN
    978-4-915479-66-3
  • 発売日
    2003年12月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 討ち入りは長崎にもあった!赤穂浪士の吉良邸討ち入りに先立つ元禄十三年十二月十九日、深堀の義士たちが長崎西浜町の高木彦右衛門邸へ討ち入った。深堀領主の屋敷に乱入し狼藉を働いた高木の下人たちを成敗し、筆頭町年寄として権勢をふるい、増長する彦右衛門に天誅を加えるためであった。この「深堀騒動」の顛末と日本人の「義のこころ」を克明に描いた力作。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 長崎喧嘩録
  • 長崎喧嘩録

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中