ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 定年後は心をこめて花を撮ろう

  • 定年後は心をこめて花を撮ろう

定年後は心をこめて花を撮ろう

  • 福田徳郎/著 福田 徳郎(フクダ トクロウ)
    1936年10月、東京・目黒に生まれる。59年3月、京都・大谷大学文学部卒業。同年4月、朝日新聞東京本社入社。出版写真部長、編集委員などを経て96年10月、定年退職。朝日カルチャーセンター千葉で写真の、同センター新宿でインド美術の講師を務める。前者から生徒さんの親睦写真クラブ「細照雨(そばえ)」が誕生。年金生活のフリーカメラマンとして、雑誌・新聞の取材に駆け回る。02年3月から朝日新聞神奈川版で週1回「花めぐり」の連載が始まる

  • ページ数
    246p
  • ISBN
    978-4-7505-0305-9
  • 発売日
    2003年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「花めぐり」(朝日新聞神奈川版で好評連載中)の著者が、こまやかに、そして大胆に花を撮る技を手ほどきする。
目次
第1章 “花の名所”は、あなたの心の中にある(「花を撮りたい」という人、急増中
花のことは比叡山で教わった ほか)
第2章 定年後は仲間と一緒に花を撮ろう(なぜ「花」に心が向かうのか
老いてこそ見えてくるものがある ほか)
第3章 花を撮るには、これだけは最低揃えたい(花を撮るには花のことを知る
定年後のカメラ、「福田流」選択基準 ほか)
第4章 花をこまやかに、そして大胆に撮る技術(花がきれいに撮れる条件
大事な「絞りとシャッター速度」の関係 ほか)
第5章 季節の花を心をこめて撮る(花は年々歳々、同じからず)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 定年後は心をこめて花を撮ろう
  • 定年後は心をこめて花を撮ろう

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中