ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本陸軍の傑作兵器駄作兵器 究極の武器徹底研究

  • 日本陸軍の傑作兵器駄作兵器 究極の武器徹底研究

日本陸軍の傑作兵器駄作兵器 究極の武器徹底研究

  • 佐山二郎/著 佐山 二郎(サヤマ ジロウ)
    昭和22年、岡山市に生まれる。拓殖大学商学部卒業。現在東京鉄鋼埠頭(株)に勤務、かたわら火砲を中心とした軍事技術史の研究に勤しむ

  • シリーズ名
    光人社NF文庫
  • ページ数
    296p
  • ISBN
    978-4-7698-2393-3
  • 発売日
    2003年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

724 (税込:782

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 明治黎明期から太平洋戦争の末期まで、日本陸軍の独自の運用思想に支えられて試作製造された異色の兵器。村田経芳の初の国産小銃完成までのエピソードから米軍の上陸戦に備えた水際決戦噴進砲、五式砲撃艇、女性も使える携帯阻塞弾、陸軍電池魚雷など衰勢と資源枯渇の中で作られた兵器の誕生プロセスを詳解す。
目次
市民から愛された『お午のドン』
国産小銃の父・村田経芳抄伝
日本の突撃銃『試製自動短銃』
未完の日本陸軍『自動小銃』
虎の子SMG一〇〇式機関短銃
民間試製の『オリジナル軽機関銃』
幻の『兵機式十連発小銃』
眼鏡式弾倉だったドイツ製機関銃
二〇ミリ機関砲事始め
擲弾筒自慢話〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本陸軍の傑作兵器駄作兵器 究極の武器徹底研究
  • 日本陸軍の傑作兵器駄作兵器 究極の武器徹底研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中