ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • あなたの個人情報が危ない! プライバシー保護とメディア規制

  • あなたの個人情報が危ない! プライバシー保護とメディア規制

あなたの個人情報が危ない! プライバシー保護とメディア規制

  • 桜井よしこ/編著 桜井 よしこ(サクライ ヨシコ)
    ベトナム生まれ。ハワイ州立大学歴史学部卒。「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙東京支局員、日本テレビ・ニュースキャスター等を経て、現在フリージャーナリスト。『エイズ犯罪・血友病患者の悲劇』で大宅壮一ノンフィクション賞、『日本の危機』を軸とする言論活動で菊池寛賞を受賞

  • シリーズ名
    小学館文庫
  • ページ数
    217p
  • ISBN
    978-4-09-402887-4
  • 発売日
    2002年11月

400 (税込:432

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  •  国民の個人情報を一方的に吸い上げる住基ネット、ジャーナリズムを窮地に追いやるメディア規制法案。これら法案を凍結、廃案に持ち込むために立ちあがった著名人たちの魂の叫び。反対運動はジャーナリストとして最後の使命という76歳の鈴木邦男、編著者・櫻井よしこをはじめ、佐野眞一、佐高信、田原総一朗、蟹瀬誠一、宮崎學から、住基ネットを拒否した山田宏杉並区長といった異色かつ、錚々たる顔ぶれ、23人の書き下ろし。国民一人一人の問題だ!
目次
第1部 住基ネット稼働す(桜井よしこ(ジャーナリスト)―コンピュータ時代に情報の漏洩は避けられない
山田宏(杉並区長)―なぜ杉並区は不参加を決めたか
清水勉(弁護士)―総務大臣に反論!接続拒否は違法ではない ほか)
第2部 国の狙いをどう見るか(沢地久枝(ノンフィクション作家)―連環するもの
宮崎学(作家)―規制すべきは国家による個人の管理
吉田司(ノンフィクション作家)―言論の自由を奪う、個人情報保護法案を廃案に! ほか)
第3部 メディアの現場から(田原総一朗(ジャーナリスト)―乗り越えるべきマスメディアの自己責任
佐野真一(ノンフィクション作家)―「内部告発」と「粘り強い取材」を封殺する二つの言論弾圧法
蟹瀬誠一(ジャーナリスト)―メディアをストーカー扱いし、国民の権利と自由を規制!? ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • あなたの個人情報が危ない! プライバシー保護とメディア規制
  • あなたの個人情報が危ない! プライバシー保護とメディア規制

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中