ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ユートピアを求めて 老子に学ぶ

  • ユートピアを求めて 老子に学ぶ

ユートピアを求めて 老子に学ぶ

  • 安岡正篤/著 安岡正篤講話選集刊行委員会/編纂 安岡 正篤(ヤスオカ マサヒロ)
    明治31年(1898)、大阪市生まれ。大阪府立四条畷中学、第一高等学校を経て、大正11年、東京帝国大学法学部政治学科卒業。東洋政治哲学・人物学を専攻。大正11年に東洋思想研究所、昭和6年に日本農士学校を創立、東洋思想の研究と人物の育成に尽瘁。昭和24年に師友会を設立、政財界指導層の啓発・教化に努める。昭和58年12月逝去

  • ページ数
    226p
  • ISBN
    978-4-925227-10-0
  • 発売日
    2002年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、名著『老荘思想』を著した安岡正篤師が『老子』を講じた筆録です。老荘思想の神髄をついた講話は、俗世の汚濁と頽廃を救う妙薬として、読む者を神秘的なユートピアに誘い、現代文明に毒された我々の心を沈静・慰藉し、やがて解脱へと導いてくれることでしょう。
目次
老子選講(序論(中国文化の濫觴
「黄」と「老」の持つ意味 ほか)
『老子』を読む(上)(老子の背景
老子伝から老子研究へ ほか)
『老子』を読む(下)(干支から見る日本の時局
老子が誤解される一例 ほか))
『史記』老子伝を読む(『史記』に見る老子
孔老の会談 ほか)
老荘的政治観(いかに民を導くか
淮南子の政治観 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ユートピアを求めて 老子に学ぶ
  • ユートピアを求めて 老子に学ぶ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中