ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大空への挑戦 プロペラ機編

  • 大空への挑戦 プロペラ機編

大空への挑戦 プロペラ機編

  • 鳥養鶴雄/著 鳥養 鶴雄(トリカイ ツルオ)
    神奈川県横浜市出身、1931年1月生まれ。横浜国立大学工学部造船工学科卒業。1956年3月、富士重工業宇都宮航空機工場設計部入社、T‐1ジェット練習機設計チームに配属。1959年4月に日本航空機製造株式会社(NAMC)に出向、YS‐11旅客機、C‐1ジェット輸送機の開発に従事、さらにその後三菱重工超音速練習機(T‐2)設計チームに派遣。富士重工航空機技術本部長、日本航空機開発協会技術開発部長、同技術担当常務理事を歴任、ボーイング社との国際共同開発事業、YSX計画に従事、現在富士エアロスペーステクノロジー社技術顧問。上記のほかに、対艦ミサイルXASM‐1など業界を横断する開発プロジェクトに参加。ボーイング社との7J7や777などの国際共同プログラムで活躍。日本航空宇宙学会の航空機設計部門委員長、理事、副会長を歴任。東京大学、横浜国立大学、宇都宮大学の各工学部にて非常勤講師として航空機設計を講義。日本航空宇宙学会誌、同機械学会誌、航空情報、エア・ワールド、航空ファン、航空ジャーナルなどの専門誌に、航空機に関する論文、解説を多数発表

  • ページ数
    204p
  • ISBN
    978-4-87687-238-1
  • 発売日
    2002年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、航空機に飛躍的な能力向上をもたらした技術、その背景となった体制、それに携わった技術者とパイロットの物語である。
目次
飛行への挑戦―イカロスからライト兄弟へ
長距離飛行への挑戦―海原を越えて
長距離飛行から航空路開拓へ
長距離飛行への日本の挑戦
飛行艇の時代―大洋横断航空路の開拓
戦後の航空路開拓
高高度飛行への挑戦―排気タービンと「頭上の敵機」
高空病の脅威と与圧室の開発
高高度飛行と航空機の金属疲労
軽量構造への挑戦―しわの発生する構造と先進金属材料
軽量構造の追及―金属接着とサンドイッチ構造と先進複合材の構造
プロペラ―その果てしなき挑戦
降着装置の変遷
飛行船の栄光と終焉
スピードへの挑戦―国際スピード競技時代
高速飛行への日本の挑戦―自立技術への模索

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 大空への挑戦 プロペラ機編
  • 大空への挑戦 プロペラ機編

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中