ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • いまの食生活では早死にする アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート 自分の健康を守るための指針

  • いまの食生活では早死にする アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート 自分の健康を守るための指針

いまの食生活では早死にする アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート 自分の健康を守るための指針

  • 今村光一/抄訳・編 今村 光一(イマムラ コウイチ)
    1935年東京生まれ。早稲田大学英文科中退。18世紀の巨人スウェデンボルグの研究と翻訳で知られる一方、豊富な医学文献の収集家。健康・医学問題に関しマスコミで独自の理論を展開

  • シリーズ名
    Ryu books
  • ページ数
    251p
  • ISBN
    978-4-7667-0348-1
  • 発売日
    2002年08月

848 (税込:916

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • かつて田中内閣を倒壊させたロッキード事件もアメリカ上院の調査が発端だった。これは同上院の調査能力の高さを示すほんの一例である。同上院はどんな分野に関しても世界最高の調査機関である。他国の上院と違い、憲法上も大きな権威と権限を認められていることが、その裏づけとなっている。この権威と権限により、アメリカ上院栄養問題特別委員会はアメリカ国内ばかりでなく、世界中の権威や研究機関の頭脳を動員して食事と健康の関係を調べ、有名なマクガバン報告(一九七七年)をまとめた。マクガバン報告が与えた衝撃はその後、日本を含め世界の栄養、健康、医学に関する流れを変え続け、いまに至る。アメリカ国立ガン研によるガンの栄養療法の研究と治療の一大プロジェクトも、それに沿った動きである。日本の厚生省(現厚生労働省)による「健康づくりのための食事指針」(昭和六〇年)もマクガバン報告の影響下で策定された。世界各国の政府が、この報告に影響されて新しい健康政策を進めている。日本の社会と学界に大きな衝撃を与えた本書旧版に、その後の諸研究を増補する改訂を行い、健康と医学を原点から考えるための最新版を読者に贈る。
目次
プロローグ M委が実証した現代病と食生活の相関関係
第1章 現代病は食生活の間違いで起きている“食源病”だ
第2章 日本でも急増した食源病
第3章 信じられないほどのビタミン・ミネラル不足
第4章 “異常現象”も多い現代の食事、健康状況
第5章 病気を起こさないための食事作戦
第6章 ガンもビタミンで治る!新しい医学に目を開こう

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般
版数 改訂最新版

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • いまの食生活では早死にする アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート 自分の健康を守るための指針
  • いまの食生活では早死にする アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート 自分の健康を守るための指針

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中