ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 勤倹貯蓄を奨励する歌 郵便局ネットワークは安心・安全の拠点

  • 勤倹貯蓄を奨励する歌 郵便局ネットワークは安心・安全の拠点

勤倹貯蓄を奨励する歌 郵便局ネットワークは安心・安全の拠点

  • 伊藤基隆/著 伊藤 基隆(イトウ モトタカ)
    1938年、群馬県一ノ宮町(現富岡市)生まれ。一ノ宮郵便局入局。全逓群馬地区本部書記長。全逓中央本部書記長、委員長を歴任。91年第3次行革審「豊かなくらし部会」専門委員。93年国際郵便電信電話労連(PTTI)副会長。95年参議院議員に当選、2000年参議院財政・金融委員長、予算委員会理事。01年参議院議員に再選、参議院総務委員会理事

  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-7505-0201-4
  • 発売日
    2002年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 沖縄県民がときに口ずさむ「汗水節」は「勤倹貯蓄奨励の歌」である。その精神こそ郵政事業そのもの。人と人がつながることで維持されてきた熱いネットワークを、民営化の掛け声で台無しにしていいのか。郵政事業の本質をわきまえない昨今の論議に、一郵便局員から参議院議員になった著者が、ひときわ大きな警鐘を鳴らす。
目次
序章 市場主義の限界(汗水節―勤倹貯蓄を奨励する歌
私の生まれたところ ほか)
第1章 私の郵便物語(一人の郵便局員として
労働組合との出会い、そして郵政事業 ほか)
第2章 郵政事業とは何なのか(郵便局ネットワークは「人」が介在するネットワーク
郵政3事業の現状とユニバーサルサービス ほか)
第3章 郵政事業はどうあるべきか(2003年、郵政公社の設立
公社制度はどうあるべきか―『中間報告』を読む ほか)
第4章 対談・伊藤基隆VS梶山資夫―郵便局ネットワークを国民・利用者のために(「汗水節」、そして郵便局の役割
伊藤議員の局員、組合員としての活動 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 勤倹貯蓄を奨励する歌 郵便局ネットワークは安心・安全の拠点
  • 勤倹貯蓄を奨励する歌 郵便局ネットワークは安心・安全の拠点

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中