ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 背後の目 生きることの哀しさ、愛しき生

  • 背後の目 生きることの哀しさ、愛しき生

ポイント倍率

背後の目 生きることの哀しさ、愛しき生

  • 本吉晴夫/著 本吉 晴夫(モトヨシ ハルオ)
    本名、正晴。1923年松山市に生れる。岡山大学第二外科教室、国立松山病院(現・四国がんセンター)に勤め61年から90年まで外科を開業、松山リハビリテーション病院、老健施設ライフ・ケア・プラザ(現・高井の里)施設長を経て、現在は東明病院に勤める。医学博士。日本文芸家協会会員。日本医史学会会員『文脈』同人

  • ページ数
    203p
  • ISBN
    978-4-89522-289-1
  • 発売日
    2002年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 外科医として永年地域医療に取り組んできた著者が描きだす「市井の人びと」。
目次
棺の中
背後の目
ピアノと荷車
小さな駅長さん
ホームシック
不死身の春さん
リーベ探し

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 背後の目 生きることの哀しさ、愛しき生
  • 背後の目 生きることの哀しさ、愛しき生

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中