ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 心の影 意識をめぐる未知の科学を探る 1

  • 心の影 意識をめぐる未知の科学を探る 1

心の影 意識をめぐる未知の科学を探る 1

  • ロジャー・ペンローズ/〔著〕 林一/訳 ペンローズ,ロジャー(Penrose,Roger)
    1931年、英国エセックス州コンチェスターに、遺伝学者ライオネル・ペンローズの子として生まれる。ロンドン大学、ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジで数学を学ぶ。ロンドン、ケンブリッジ、プリンストン、シラキューズ、テキサス、コーネル、ライスなど英米の諸大学で教鞭を執ったのち、1973年以降、オクスフォード大学ラウズ・ボール記念数学教授職にある。1972年、王立協会会員に選出される。宇宙論におけるペンローズの定理をはじめとして、物理学・数学の多くの業績があり、王立協会メダル、アインシュタイン・メダル、イギリス物理学学会ディラック賞などを受けたほか、スティーヴン・ホーキングと共同でエディントン・メダル、ウルフ物理学賞を受賞している

    林 一(ハヤシ ハジメ)
    1933年、台北市に生まれる。1958年、立教大学理学部物理学科卒業。現在、昭和薬科大学名誉教授。物理学、科学史専攻

  • ページ数
    248p
  • ISBN
    978-4-622-04126-9
  • 発売日
    2001年12月

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

3,800 (税込:4,104

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 前著『皇帝の新しい心』につづき鬼才ペンローズが放つ“心”の理論。人間の脳はコンピュータでシミュレートできるか?科学によって意識を探る道はあるか?新しい物理学の世界への誘い。
目次
第1部 心の理解になぜ新しい物理学が必要なのか―意識的思考の計算不可能性(意識と計算(心と科学
ロボットはこの面倒な世界を救うことができるか? ほか)
ゲーデル的論法(ゲーデルの定理とテューリング機械
計算 ほか)
数学的思考における計算不可能性の論拠(ゲーデルとテューリングは何を考えたのか?
不健全なアルゴリズムは数学的理解を可知的な仕事でシミュレートできるか? ほか))

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原書名:Shadows of the mind 原著第2版の翻訳
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 心の影 意識をめぐる未知の科学を探る 1
  • 心の影 意識をめぐる未知の科学を探る 1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中