ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「巨ベラ」への道 駆けぬけた5万キロ!

  • 「巨ベラ」への道 駆けぬけた5万キロ!

「巨ベラ」への道 駆けぬけた5万キロ!

  • 大崎紀夫/著 大崎 紀夫(オオサキ ノリオ)
    1940年生まれ。東京大学仏文科卒業。『俳句朝日』編集部顧問、「ウェップ」代表、(財)水産無脊椎動物研究所専務理事、「ウェップ俳句教室」「NHK文化センターさいたまアリーナ俳句教室」講師、俳句結社「やぶれ傘」主宰

  • ページ数
    236p
  • ISBN
    978-4-89522-281-5
  • 発売日
    2001年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
大牟田の池―小ベラ釣りとゆでた菱の実
今切川―釣果は60枚、うち50枚が尺上のずしりと重いヘラ
吉井川―苦戦の末に尺上ベラを釣った
加古川―3日間で尺上100枚の快釣
矢部川―待望のヘラがきた。3日連続のオデコから脱出。
川内川―春浅い薩摩路でウナギを釣る
立岡池―尺上ベラの強い引きを堪能
津賀ダム―四万十川流域の釣り旅を楽しむ
一ツ瀬ダム―巨ベラ数釣り自己新記録を達成
水越ダム―転戦、転戦、また転戦
山瀬ダム―みちのくの盆踊り、そして小ベラの数釣り
森田の池―津軽の野池と野川を巡る
吉野川―中流部のワンドで尺上ベラを釣る
千種川―オデコの連続のあと、束釣りを
真亀川―釣果はなかったが、イワシ料理を堪能
吉井川―浅春の川で尺上の数釣りをする
六番川―新しく知った釣り場で尺上ベラを釣る
津軽富士見湖―花、温泉と楽しむ津軽の釣り旅
一ツ瀬ダム―最後の最後、野池で好釣
浦壁大地―オノコロ島で大釣り、そして七福神巡りを楽しむ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 「巨ベラ」への道 駆けぬけた5万キロ!
  • 「巨ベラ」への道 駆けぬけた5万キロ!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中