ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 保田与重郎文庫 16

  • 保田与重郎文庫 16

保田与重郎文庫 16

  • 巻の書名
    現代畸人伝
  • ページ数
    364p
  • ISBN
    978-4-7868-0037-5
  • 発売日
    1999年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦後、故郷桜井で農に従事したあと、同人誌「祖国」を創刊して殆ど唯一の文章発表の場としてきた保田は、昭和三十三年暮に、京都鳴滝の地に移り住んだ。橋川文三の「日本浪曼派批判序説」が公刊され、保田与重郎という存在を黙殺無視していいものではない、という空気がジャーナリズムに萌し始めた頃である。「新潮」で本書の連載が開始されたのは昭和三十八年二月号、翌年十月に一本として上梓された。文学史的な言い方をすれば、戦後文壇に再登場を果した記念すべき出版だった。その内容は、戦後的世相や思考の外に生きる有名無名の人士を懐しみ、その人生と命の在り様に讃嘆感謝の念を惜しまぬ文章から成っている。保田が悦び、信をおいた人たちの列伝に託して、人間の生成に思いを致した本書は、愛惜の情あふるる畸人伝と言えよう。
目次
序 「月夜の美観」について 涙河の弁
1 狂言綺語の論
2 置みやげ擬作の説
3 大師匠殺身成仁弁
4 修身の教へ
5 歴史の流れの底に
6 紅葉のいそぎ
7 さまざまな歴史家たち
8 行道有福観
9 われらが愛国運動
10 われらが平和運動
番外 天道好還の理 並育並行の理

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 保田与重郎文庫 16
  • 保田与重郎文庫 16

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中