ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 死刑の大国アメリカ 政治と人権のはざま

  • 死刑の大国アメリカ 政治と人権のはざま

死刑の大国アメリカ 政治と人権のはざま

  • ページ数
    241p
  • ISBN
    978-4-7505-9809-3
  • 発売日
    1998年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 死刑は犯罪を抑止できるのか、あるいは政治の道具なのか、少年、知的障害者までも容赦しないのか。先進国中、日米両国だけが死刑を温存する。その死刑をめぐる落差を、豊富な実例で明らかにする。
目次
第1章 死刑の政治化―タフな政治家が求められる背景
第2章 弱者と死刑―“極刑”に例外なし?
第3章 処刑の歴史―時代とともに変わる死刑の形態
第4章 揺れる最高裁―賛成派、反対派の果てしない相克
第5章 珍しくない誤判―誤判、冤罪はなぜ起こるか
第6章 死刑公開はどこまで可能か―言論の自由と遺族の思い
第7章 強烈な個性の死刑囚たち―死刑を望む者の意外な心理
第8章 なぜ死刑制度の存続か―直視する国と沈黙する国の落差

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 死刑の大国アメリカ 政治と人権のはざま
  • 死刑の大国アメリカ 政治と人権のはざま

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中