ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 徒然草全講義 仏教者の視点から

  • 徒然草全講義 仏教者の視点から

徒然草全講義 仏教者の視点から

  • ページ数
    412p
  • ISBN
    978-4-89522-214-3
  • 発売日
    1997年06月

3,200 (税込:3,456

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 仏教者の眼が読み解く徒然草の深奥。大正・昭和にかけて仏教の民衆への普及に力を注ぎ、教典の口語全訳や仏教文化の研究でも多大な功績を残した江部鴨村渾身の遺作、戦後の混乱期に執筆されながら遂に刊行されなかった幻の書が、半世紀の時を経てここに蘇る。全243段を収載、各段ごとの意訳・語解・評釈で構成。
目次
つれづれなるまゝに
いでや、この世に生れては
いにしへの聖の御代の
万にいみじくとも
後の世のこと、心にわすれず
不幸にうれへに沈める人の
わが身のやむごとなからむにも
あだし野の露、消ゆる時なく
世の人の心惑はす事
女は髪のめでたからむこそ
家居のつきづきしく〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 徒然草全講義 仏教者の視点から
  • 徒然草全講義 仏教者の視点から

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中